太陽光発電投資のリスクとその回避方法

スポンサードリンク

太陽光発電の投資に潜む3つのリスク:回避する方法は?

 

非常に高利回りで投資に最適とも言われる太陽光発電。しかし100%儲かるわけではないはずです。
一体太陽光発電による投資には「どのようなリスク」が隠されているのか?
徹底調査致しました。

 

保証対応のリスク

 

「太陽光パネル破損時のための保険(保証)に対応しておかなければらない」

 

太陽光発電は太陽電池によって発電を行います。

 

この太陽電池が多数搭載されたものが太陽光パネルなんですが、当たり前ながら太陽光パネルは屋外に露出されていますので、何らの影響で破損することがあります。

<太陽光パネル 破損の事例>
  • 人間による心ないいたずら
  • 落石などの衝撃によるもの
  • 雪の重みによる破損(豪雪地帯)
  • 台風により色々なものが飛んできてパネルに激突
  • 塩害でパネルが劣化(海岸部)

 

太陽光発電投資のリスク回避方法

 

回避方法:「人災・天災にどのような保証を受けることができるのか」をきちんと把握する

 

積雪モデルのパネルや塩害モデルのパネルもありますし、天災用の保険などにも有料もしくは無料で加入することもできます。

 

また、上記のような【発電できない】状態になった時、迅速に対処することも大切です。
専門のメンテナンス業者と契約することで、常に発電量をチェックし、異常があればすぐに駆けつけ原因を解明してもらえます。

自然を利用することのリスク

 

「発電量(=売電収入)は不安定なもの」ということを肝に銘じる」

自然を利用することで予測不能なことが起こりうるというリスクを抱えなくてはなりません。

<発電量が下がる理由>
  • 長期間の積雪(長期間の悪天候)
  • 周りの木の枝が伸び太陽パネルに大きな影を落としていた

 

太陽光発電投資のリスク回避方法

 

回避方法:専門の管理会社と契約

 

専門の管理会社に任せれば「太陽光パネルに余計な影ができないか」「太陽光発電を遮るものがないか」を定期的にチェックしてくれますので、悪天候が続くときも日照量に合わせた最大限の発電能力を発揮することができます。

メーカー倒産のリスク

 

「メーカーが存在しなければ保証を受けることが出来ない可能性」

 

今後のエネルギーミックスにますます必要とされる太陽光発電システム。

 

その需要に合わせてパネルやパワーコンディショナーなどの設備を生産・販売する会社も非常に増えてきました。

 

「保証を10年・20年と謳っていても、もしこのメーカーが倒産してしまうならそれらの保証をどのように享受することができるのでしょうか。」

 

「メーカー倒産後どのような保証を受けることができるのか?」…これはシステム導入前に確認しておくべき必須項目です。

 

実際にメーカーが倒産しても大抵の場合は他社に権利が移動して継続した保証を受けることができるようになっています。

 

がしかし、外国のメーカーも多数日本に入ってきていますので、もしもの場合も確認して購入しましょう。

 

土地付き太陽光発電に潜むリスクと回避方法

 

手軽に投資を始められる「土地付きの太陽光発電」で考えられるリスクはどのように回避することができるでしょうか?

 

どんなリスクがあるのかを知ると同時にそのリスクの回避法まできちんと把握して太陽光発電による投資の利益を最大限にしていきましょう。

 

協議や申請等、多くの手間が掛かる

 

住宅用ではなく、産業用の太陽光発電システムを導入する際には、国への申請、電力会社への協議と申請、そして各種必要な許可書の申請など、非常に手間と時間がかかります。

 

大抵の人は、初めて産業用の発電システムを導入するのですから、慣れないことも多く、何度も同じ部署を行ったり来たりすることも珍しくないでしょう。

 

太陽光発電投資のリスク回避方法

 

【分譲型太陽光発電】を購入する

 

このような申請と協議にかかる手間を最小限にしてくれるのが、「分譲型」の「土地付きの太陽光発電の物件」を購入することです。

 

分譲型の土地付きの太陽光発電の物件なら、業者が一括してそれぞれの申請や手続きをしますので、ただ購入資金を捻出するだけで投資ができるのです。

 

また、太陽光発電システム以外にも、それを設置する土地の購入に当たっても様々な手続きが発生します。

 

そのような土地購入に関する手続きも、分譲型の土地付きの太陽光発電の物件なら、業者が全て行ってくれるのです。

 

煩雑な保守・管理の徹底

 

個人で土地を準備して太陽光発電システムを導入すると、管理やメンテナンスも全て自分で行うか業者を選んで委託しなくてはなりません。

 

太陽光発電投資のリスク回避方法

 

回避方法:販売・施工会社に一括して依頼する

 

土地付きの太陽光発電の物件なら、販売・施工会社に任せても、いくつもの物件を同時に管理・メンテナンスしてくれますので、物件一つ当たりの管理料金が非常に安くなります。

 

利益を上げるための太陽光発電システムの導入ですから、すこしでもコストは削減したいものです。

 

【分譲型土地付き太陽光発電】の物件を選択することで、そのような減らせるコストは減らすようにしましょう。

 

また、修理が必要になった場合も、量販しているものでしたら単価も安くなりますので、コストを低くに抑えて修理や交換をしてもらうことが可能です。

 

 

太陽光発電投資のリスク回避方法

 

 

【引き渡し検査】は第三者に依頼

 

 

ただし、引渡し時だけは注意が必要で、【販売・施工会社以外】の第三者の目で【引き渡し検査】を受けることをお勧めします。

 

太陽光発電では、初期不良や施工不良は、引き渡し直後から発電量に影響します。

 

特に施工不良は、販売・施工会社の【当事者の目】では発見が難しいケースが多くあるため、気づかずに100%のパフォーマンス(発電量)が得られないま20年を過ごすことになるかもしれません。
【はつでん管理人】の《引き渡し検査代行》や《スポット点検》で発電ロスを未然に防ぐことが出来ます。

 

 
スポンサードリンク