太陽光発電と不動産ではどちらが儲かるか?投資の際の注意点も解説

スポンサードリンク

太陽光と不動産 投資するならどっちが儲かる?

 
リスク面も考えたら圧倒的に「太陽光発電投資の方が儲かる」

 

太陽光と不動産…投資するならどっちが儲かるか?それを比べるには投資の利益の出方を知れば分かります。投資の際「肝」となる部分…それは入ってくるお金と出て行くお金のバランスです。

 

収入が多く出費が少なければいいわけです。

 

その辺を踏まえて太陽光と不動産を比較してみましょう。

 

 

太陽の光さえあれば収入が得られる…「太陽光発電投資」

 

VS

 

借り手がいれば収入が得られる…「不動産投資」

収入の安定性

太陽光発電と不動産投資ではどちらが儲かるか

 

 

 

「太陽光発電投資に軍配」

 

 

 

太陽光発電

冬場はあまり収益が上がらないのではないかと思う方も少なくないのですが、実は夏場よりも冬場の方が収益が高いことが多いんです。

 

太陽光発電は太陽の光で発電しますので暑いかどうかは関係ありません。

 

むしろあまり温度が高くなると発電効率が低下してしまうので、冬場の方が発電量が多いことも珍しくありません。

 

また、雨の日は確かに発電量が落ちますが、近年の太陽光パネルの性能の向上は目を見張るものがありますので、基本的には夜間のように真っ暗にならない限り発電は可能です。
ですから、梅雨が続く6月の発電量が極端に低くなると言うことはないのです。

 

自然頼みの収入ですが20年の固定買取制度の地盤も安定しているのでかなり安定しています。人間は家賃滞納などあり得ますが、太陽は光を出さなくなることは考えられないので…。

 

不動産

借り手がいて初めて収益が得られます。反対に言うと借り手がつかなければどれだけ多くの物件を持っていても収入はゼロ。

 

物件もしくは部屋の100%に借り手を維持することは至難の業と言えます。

 

超人気物件でもない限り必ず空室のリスクは付きまといます。

 

空室が一つでもあると広告を出したりネットなどに情報を乗せたりする必要があります。また、引っ越しなどで入居者が退去した場合も空室になります。

 

戸数の大きなアパートでしたら常に空き部屋の対策をしなくてはなりませんし、また反対に戸数の少ないアパートの場合は一つの空き部屋が大きな収入減になってしまいます。

 

その点を考えると「安定した収入」とは言いがたいのが実情です。

 

メンテナンス費用の少なさ

太陽光発電と不動産投資ではどちらが儲かるか

 

 

 

「太陽光発電投資に軍配」

 

 

 

太陽光発電

システムだけをメンテナンスする必要があります。
大抵の太陽光発電装置は15年以上は耐用年数がありますので、メンテナンスも大がかりなものになりません。

 

基本的にはほとんどのメーカーの場合で最低10年以上の無料保証を実施しているので、万が一修理や交換が必要だとしても、無償で行うことができます。

 

また、メーカーによっては最長25年までの無料保証を実施していることがあります。
これらと、業者が独自に実施している保証サービスを合わせるなら、ほとんど修繕費はかからないと言っても過言ではないでしょう。

 

定期的なメンテナンスを確実に行うことで、修理なしに10年、20年と長期にわたって使うことも可能です。

 

確実なメンテナンスを望むならば、メンテナンスの専門業者に依頼することになりますが、様々なメニューが用意されており、費用が明確になっているので、突発的な収益に影響する出費ではありません。

 

長期にわたって所有するものですから、これらの長きにわたる安心感は何物にも代えがたいものがあります。

 

不動産

常にメンテナンスにお金がかかります。
共有スペースや外装の修繕費は、もちろん所有者である投資家が出す決まりになっています。

 

大がかりな外装の塗り替えは10年から20年に一度、共有スペースの壁なども定期的なメンテナンスが必要です。

 

敷地を効率的に利用するために電動式の立体駐車場を備えているアパートも少なくありません。
ですが、この電動式の駐車場もメンテナンスが必要なだけでなく、機械そのものを15年から20年に一度大がかりな点検と必要部品の交換を行う必要があるのです

 

それ以外にも単身者用などの比較的狭いアパートの場合、備えてある一部の家具やエアコン・照明に至るまで修繕費や交換は所有者である投資家の負担となります。

 

メンテナンス費用に直接関係はありませんが…「人的トラブルの有無」というのも大きな判断材料になり得ます。

 

休みの日にちょいちょい連絡が来たり呼び出されたりするようではなんら忙しさに変わりはありません。
「お金があっても忙しい」…それでは人生を謳歌できません。
年をとってから時間が出来るのは当たり前です。

 

身体が元気なうち・動くうちに自分の好きなことをやれるようにするのが投資で儲ける最大のメリットではありませんか?

 

太陽光発電

システムに問題が生じたり、太陽光発電パネル自体に問題が生じたりする場合だけでなく、全てのトラブルはタイナビ発電所が紹介する管理業者に相談することができます。

 

また、トラブルが生じたと分かる前に定期的にメンテナンスや巡回などの監視もそれらの管理業者や保守点検の専門家が行います。結果、投資家自身が感じるトラブル自体も非常に少ないと考えられます。

 

不動産

管理会社にアパートの管理を一任しても共同スペースの設備の修理やリフォーム、またそれぞれの部屋に居住する人たちが要求する事柄など、管理代以外のお金を必要とする事柄は全て了承する必要がありますので当然、投資家に知らされます。

 

また、居住者が問題を起こしたり死亡したりした場合も物件の所有者である投資家に連絡が入ります。

 

いつも決まった管理会社の担当者とだけ付き合えばいいのではないのです。

 

特に問題の多い入居者がいる場合、いつも何かしらのトラブルを抱えて頭を悩ませられることとなります。

 

どちらが人的なトラブルが少ないかは言わずもがなです。

 

節税はできるか

太陽光発電と不動産投資ではどちらが儲かるか

 

 

 

「太陽光発電投資に軍配」

 

 

 

太陽光発電

減税目的のために投資する法人が非常に増えています。

 

太陽光発電や太陽熱発電、地熱発電など再生可能エネルギーによる電力を生産する設備を設置することで、『グリーン投資減税』の対象となり多くの減税や優遇措置を受けることができるのです。

 

この『グリーン投資減税』が適用されると、初年度の所得価値の100%を即時償却することも可能です。また、投資にかかる費用も国や地方自治体の補助金の対象になることも少なくありません。

 

不動産

安定した家賃収入を得るために行うものですので節税にはなりません。

 

それどころか固定資産税の発生や収入増による所得税の増額にもつながります。

 

固定資産税の少なさ

太陽光発電と不動産投資ではどちらが儲かるか

 

「太陽光発電投資に軍配」

 

 

太陽光発電

太陽光発電投資の場合は「再生可能エネルギー発電システムに関わる固定資産税の軽減処置」という特別措置がありますので、非常に低額の固定資産税で済みます。

 

不動産

毎年、固定資産税を国に納める必要があります。物件の大きさによって年間に数百万単位になることも珍しいことではありません。

 

予想される利益が同じだとしても、税金の額や節税できる額を合算するなら大きな違いが生じるのは一目瞭然です。

 

利回りは高いか

 

太陽光発電と不動産投資ではどちらが儲かるか

 

 

 

「太陽光発電投資に軍配」

 

 

 

太陽光発電

平均10%程度の利回りが想定されます。

 

太陽光さえあれば常にこの利回りが期待できるのです。

 

税金や修繕費なども加算して考えた実質の利回りはアパート経営と太陽光発電システム付き物件の両者の間では更に差があるものと言えるでしょう。

 

不動産
  • 東京都23区内の新築物件の場合=利回りは6%前後
  • 地方都市の新築物件の場合=利回りは9%前後

…と言われています。

 

もちろんこれらの利回りは単純に全ての部屋に入居者がいて、大がかりな修繕などが必要ないという条件のもとで計算されています。

 

また、固定資産税や取得税などは加味されていません。

 

「利回りの高さ」が投資案件購入の大きな決め手になるのは確かです。

 

収入は下降しないか

太陽光発電と不動産投資ではどちらが儲かるか

 

 

 

「太陽光発電投資に軍配」

 

 

 

太陽光発電

発電する電気は2018年度の場合ですと1kWh当たり18円(税別)で売電できます。

 

この金額は20年間固定ですので発電量が同じなら毎年同じだけの収入を期待することができます。

 

不動産

アパートは古くなるとどうしても新築物件に比べて低い家賃でないと借り手がなかなかつかないようになります。

 

古くなればなるほど家賃が下がるだけでなく修繕する個所や交換する器具なども増えてきますので、購入したてのころに比べるとだんだん収入が下がっていくのがアパート経営のデメリットでもあります。

 

新築の時と同じ金額の家賃を得るためには大規模な改築が必要ですが、大規模な改築はそれ相応の大きな金額が必要であるのは言うまでもありません。

 

どちらがより、収入が下がらないかは、これも言うまでもないことと言えるでしょう。

 

このように不動産投資との比較データを検証してみると、ローリスク・ハイリターンな投資を求めるなら「太陽光発電投資が一番」といっても過言ではないと思います

 

『タイナビ発電所』ではこのメリットの多い土地付き太陽光発電物件を多数紹介しています。

 

無料登録するだけで全国から選りすぐりの物件をご自宅で閲覧することができます。
数多くの土地付きの太陽光発電の物件の中から最適の一件を見つけて下さい。

 

太陽光発電投資の際の注意点

 

生産した電力を買い取ってもらえる期間、つまり20年間は最短でも所有することになる太陽光発電システム付きの物件。

 

この長期にわたる契約を行う際には、何に気をつければよいでしょうか。

 

実際の物件を見ましょう。

 

当たり前のことですが、自分が投資する物件をネットの情報として書かれていることだけで決めてしまうのではなく、実際に物件を自分の目で確かめてから契約するようにしましょう。

直接現地をチェックするメリット
  • メンテナンスや保守点検の具体的なイメージが湧く

    的確な保守点検が可能になる

  •  

  • 日照量を確認出来る

    時間による陰の動きが確認でき、業社に注意喚起が出来る

 

太陽光発電投資では現地を必ず確認する

メンテナンスや管理を専門の業者に任せますので、利回りが良く価格が希望のものなら何でもいいと考えるかもしれません。

 

ですが、実際に現場に足を運んでみることで、どのような物件なのか、どういう問題が考えられるのかなどの具体的なイメージがわき、メンテナンスなどの業者と話すときも、より具体的に説明をしたり受けたりすることができるようになるのです。

 

希望の物件がお住まいの地域から非常に遠いこともありますが、大きな額の長期にわたる投資ですので、必ずご自身の目で確かめましょう。

 

また、太陽光発電システム付きの物件は、発電することで利益を得ます。
つまり、太陽光パネルに多くの日光が当たることで利益の多少が変わってくるのです。

 

できれば、一日現地で、朝昼晩とどのように日が当たるのか、影が多くなる時間はないかなど確認しましょう。

 

この一手間で、安心も格段に違いますし、業者側にも注意を喚起することができるのです。

 

また、気象庁では、全国の地点での日照量をネットで公開していますので、希望する物件のある地点での日照量をチェックしておきましょう。

 

管理について確認しましょう。

 

太陽光発電投資では管理方法を確認

きちんと管理すれば、初期の発電効率のまま何年何十年と発電することができるのが、太陽光発電システムです。

 

太陽光パネルの管理や、システム自体の管理など、どのように行われる予定なのか、管理業者に深く掘り下げて尋ねましょう。

 

「最近の太陽光パネルは性能が良いので、メンテナンスの必要がありません」とか、「問題が起こった場合には、対応します」などと答える業者なら、少し信用することが難しいと言えるでしょう。

 

確かに太陽光パネルの性能は、年々良くなっていますので、発電効率も落ちにくくなってはいます。

 

ですが、鳥の糞や木の枝がパネルに落ちたりしても、発電量に影響があるのが太陽光発電システムです。

 

定期的な清掃と、普段の監視システムをしっかりと確認しましょう。

 

問題が起こってから、もしくは問題が起こった時のみ対処するような業者は信頼できない業者ということができるでしょう。

 

不測の事態について確認しましょう。

 

どんなにこまめに太陽光発電システム付きの物件を管理してくれていても、不測の事態というものは起こってしまうものです。

 

太陽光発電パネルが割られたり、システム自体が破壊されたりする事態が、絶対に起こらないとは言えないのです。

 

また、人里離れたところに設置されている物件では、設備自体が盗難されることも考えられるのです。

 

このような不測の事態が起こった時、どのような保証制度があるのか、また、敷地内に部外者が入らないよう何らかの対策を行っているのかを、きちんと管理業者に確認するようにしましょう。

 

何かが起こってからでは、遅いのです。

太陽光発電投資では天災等の不測の事態も想定する

 

また、人災以外に天災の可能性もあります。

 

地震や台風などの自然による災害で、太陽光パネルや太陽光発電システム自体が壊れてしまうこともあります。

 

自然災害が起こりにくい土地を選んだとしても、20年間という長い期間にわたって所有しますので、どのような状況が起こるかはだれにも予測がつかないのです。

 

このような自然災害による破損にも、どのような保証制度があるのかきちんと確認しておくようにしましょう。

 

『タイナビ発電所』が紹介する太陽光発電システム付きの物件は、所有する業者もしっかりと吟味されていますので、安心して契約を行うことができます。

 

メンテナンスの専門業者に依頼する

 

太陽光発電システムの販売・施工業者が保守・点検までを一括して行うことが多いですが、【保守・点検は専門家に依頼する】ことも一つの方法です。

 

【販売業者】と【保守・点検業社】を分けるメリット
  • 中立的な【第三者】として、太陽光発電システムを【客観的に】チェックできる
  • 【メンテナンス専門】なので、緊急時にも迅速に対応してもらえる

 

販売・施工会社と保守・点検業社を分けることで、施工不良が発見されやすくなります。

太陽光発電投資ではメンテナンスを専門業者に依頼する方法もある

また、発電不良等が発見された際にも迅速な対応が期待できます。

 

販売・施工をメインとしている会社では、ついメンテナンスが後回しになってしまい、結果的に対応が遅れ、発電量が落ち込んだまま数日間過ごさなければならなくなるかもしれません。

 

太陽光発電の投資は、1日1日の発電の積み重ねであり、20年間に及ぶ長期プロジェクトです。
メンテナンスに関して、どんなに気をつけていても【慎重すぎる】ということはありません。

 

『あの』タイナビもハマった【売電投資の3つの罠】公開中!・・・必見です。

太陽光発電のメンテナンスははつでん管理人のおまかせ

保守・点検ははつでん管理人がおすすめ

 
スポンサードリンク