太陽光発電は投資先として有益か

スポンサードリンク

【太陽光発電】=【ローリスクの投資先】!

 

太陽光発電が【投資先】として注目されています。

 

その理由は、安定感やメリットの大きさ。

 

個人投資家はもちろん、様々な企業も【太陽光発電事業】に乗り出してきています。

 

しかし、投資にはリスクもつきもの。

リスクを最小限に減らし、成功へと近づくための秘訣を『1から』解説します。

 

太陽光発電|投資としての【魅力】

 

一般的に【投資】というと、株や不動産が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

しかし、株はシロウトが手を出して失敗した例は枚挙にいとまがないですし、不動産(アパート経営等)も、空室や修繕等のデメリットが多くあります。

 

その点、太陽光発電は太陽の光さえあれば発電しますし、売電価格は20年間固定です。

 

このことから、太陽光発電は他の投資方法と比較して非常に安定した【投資先】といえます。

 

《不動産投資との比較について、詳しくは『太陽光VS不動産』も参考にどうぞ》

 

太陽光発電投資のメリット・デメリットを確認!

 

太陽光発電による投資のメリット

 

経営状況に頭を悩ませる機会が少ない

 

例えば不動産投資でアパートや集合ビルなどを経営した場合には、常に空き部屋や修繕、住民トラブルなどの問題がつきまといます。

 

ですが太陽光発電は太陽の光さえあれば収入を得ることができますので、空き部屋問題や住民とのトラブルなどの問題がありません。
このような事に悩まされないことは大きなメリットと言えます。

突発的なメンテナンス費用が少ない

 

一度適切な業者とメンテナンス契約を結べば、殆どのトラブルに対応できます。

 

パネル等システムの故障であればメーカー保証が適応されることもあり、あまりお金もかからないのも太陽光発電による投資の大きなメリットです。

 

また、太陽光パネルなどのシステムは大抵が耐用年数が20年以上ありますので、大きく修繕したりする必要はほぼないと言えます。

 

維持費が少なく利益を積み上げることができるのです。

規模を自由に決められる

 

家庭用の小さな発電量のものから、発電所と呼ぶにふさわしい大きな発電量のものまで予算に合わせて選ぶことができます。

 

太陽光発電による投資のデメリット

 

日照量により利益が大幅に変わる

 

ココが非常に重要なので事前にしっかりと調査することが必要です。

 

日がしっかり当たる場所であることはもちろん、周りに光を遮る物がないか、そして太陽光パネルの設置の方向や角度なども発電量を最大にするようにシミュレーションした上で設置しましょう。

災害で長期間にわたって発電できなくなる可能性がある

 

近年増加している異常気象に対するリスクを負わなくてはいけないのもデメリットとなるでしょう。

 

例1 大雪

例年になく雪が降り積雪した状態が長引くならパネルの上を常に雪が光を遮る状態になりますので発電は見込めません。

 

⇒適切な除雪作業が必要になります。

例2 台風

強風の影響で何かが落下もしくは飛んできてパネルを割る等の衝撃を与えた場合、パネルを取り替えるまでは発電することができなくなります。

 

⇒修繕にはメーカー保証が適用されるケースほとんどです。とはいえ、パネル等の交換までの発電ロスは補償されません。

例3 地震

地震の影響で太陽光発電システム自体が破壊されることもあるかもしれません。

 

⇒地震による被害はメーカー保証対象外となることが多いです。心配な場合は地震保険への加入をお勧めします。

 

 

デメリットを極力回避し、最大限のメリットを得るために

 

投資で大切なことは、【いかにメリットを大きく、デメリットを小さくするか】です。
もちろん、太陽光発電でも変わりません。

 

メリットを大きくする方法

 

デメリットを小さくする方法

  • 日照量のデータ等、信頼できる業者を選ぶ
  •  

  • 万一の不具合にすぐに対処できる保守体制をとっておく

 

太陽光発電の投資では、事前にデメリットを回避する術があります。これは、他の投資とは大きく異なる点ではないでしょうか。

 

既に太陽光発電の投資を始めている方で、まだ【メンテナンス契約をしていない=デメリットを小さくしていない】方は要注意です。

 

太陽光発電は【20年間続く長期プロジェクト】です。

 

20年間、一度もトラブルがないとは考えられません。
メンテナンス契約は購入後いつでも可能ですので、万一に備え、相談だけでもしておくことをお勧めします。

 

土地を持っていない方へも朗報!【土地付き太陽光発電】

 

いざ【太陽光発電を設置しよう!】と考えても、土地を持っていない方も多いと思います。

 

また、土地を所有していても、太陽光発電に適した立地条件ではないかもしれません。

 

そのような方のために、【土地付き太陽光発電】が販売されています。

 

土地付き太陽光発電の特徴とメリット

  • 太陽光発電に適した立地条件を満たしている
  •  

  • 小規模(10数kw)〜メガソーラー(1,000kw以上)まで、多彩な取り扱
  •  

  • 利回り等がシミュレーション済
  •  

  • 高い売電価格を確保している【お宝物件】があるかも・・・!

 

個々に太陽光発電を設置・販売している会社・企業もありますが、1社づつ探すのは時間と手間が掛かり過ぎます。

 

土地付き太陽光発電を検討するならば、【タイナビ発電所】のような紹介サイトを利用するほうが効率的です。

 

《タイナビ発電所について、詳しくは『タイナビ発電所とは』を参考にどうぞ》

 

実際、どれくらい儲かるの?

 

「50kWの発電能力のある発電所の場合
平均して1カ月当たり20万円の売電収入」が見込めます。

初期投資が2000万円あったとしても8年と少しで初期投資が回収でき、それ以降は純粋に利益となって残ります。

 

つまり8年程度の短期間で初期投資を回収したら儲けだけが増えていくことになります。

 

実質利回りが12%以上のものも珍しくなく、ほとんどの場合が10%以上なのです。

 

タイナビ発電所では実際の利回りなど、投資の際に必要な情報を全て詳しく記載されていますので安心して物件を選ぶことができます。

 

それでは「太陽光発電は本当に儲かるのか?」を実証するために具体的に計算をしながら考えていきましょう。

 

太陽光発電投資でどのように利益を上げるのか?

電気を売る(売電)事による収入です

 

投資で利益を上げるということはどの投資にも共通して言えることですが、まず初期投資額を回収してその後メンテナンスなども加えながらも着実に収入を増やしていくことです。

 

投資物件ランニングコスト比較 アパートVS太陽光発電

 

アパート
  • 空室・家賃滞納等のリスク
  • 定期的な修繕が必要
  • 10年スパンで大がかりな改修工事費がかかる

太陽光発電は投資先として有益か

太陽光発電
  • 安定した売電収入
  • メーカー保証10年以上のものが多い
  • 耐用年数が20年以上
  • 購入時にメンテナンス契約をすることで維持費が明確にできる

 

太陽光発電は投資先として有益か

 

 

一般的な不動産投資では、初期費用を回収できたと思った頃に多大なメンテナンス料金がかかってしまい、結局は利益を上げるに至らないことも多々あります。

 

特にアパート経営などは10年ごとに大がかりな外観・内部の修理・修繕が必要になったりして、利益と呼べるものがいつから出てくるのか分からないこともあります。

 

その他、空室のリスクや家賃滞納、入居者同士のトラブル等、様々な問題に対処しなければなりません。

 

対して、太陽光発電による投資は発電した電気を電力会社に売ることで利益を上げます。

 

そしてその収入が初期投資額を超えると純粋に利益として積み上げられます。

 

太陽光発電のシステムを設置した年の売電価格で電力を買い取ってもらえるので、安定した収入が得られることも特徴です。

 

なぜ安定した収入なのか?

 

売電価格は国(政府)が決めているからです

 

2018年度設置の場合
10kW未満の場合は1kWh当たり税込み26円or28円で10年間
10KW以上の場合は1kWh当たり税抜き18円で20年間
(20年だと税率が大きく変わる可能性があるため税抜表示です)
というように政府のお墨付きで間違いなくこの値段で買い取ってもらえるので「安定した収入」という訳です。

 

ただ、発電量は太陽の光が当たってないと増えません。

 

なので気になる日照量は気象庁のホームページなどで検索することができますので「どれくらいの発電量」が期待でき、「どれくらいの売電収入」があるのか?は太陽光発電を設置する場所ごとにすぐに計算することができます。

 

つまり「安定した収入が見込めない場合は事前にわかる」ということです。

 

これはアパートなどの不動産投資と比べるとかなり儲かる確率が高いことを示しています。

 
スポンサードリンク