売電はビジネスになるか?

MENU

売電ビジネスは可能か?

太陽光発電バナー

売電ビジネスでリスクを抑える方法

 

確実な投資先になり得る【売電ビジネス】

立地条件などにも左右されますが、売電ビジネスは不動産投資などよりもローリスクで、硬い投資先と言われています。

 

最近は国の補助などの後押しもあり、売電ビジネスはかなり活発になってきています。

 

当たり前ですが、売電という投資ビジネス(発電事業)なので「収益が見込めるか」を様々な角度でより慎重にシミュレーションするべきです。

トラブル回避の法則

売電ビジネスは可能か?

現状での選択肢としてリスクを抑えるのであれば、どこのメーカーにも属さない
中立的な立場である一括見積もりサイト
を利用することをおすすめします。

 

全国無料で複数企業に見積り依頼ができるので、各社にシュミレーションしてもらい、費用はもちろん、多角的なサービス面で検討するのが最善策になります。

 

相見積もりをすることであらゆる面で比較ができ、企業間で競争してもらうことで、初期投資を抑えることもできます。

 

1社だけの見積もりはトラブルの元になるので、トラブル回避にもかなり有効です。

 

リスク回避の法則

また投資という点では、初期費用をできるだけかけないことが1番のリスク回避になり、減価償却を早めることを意味します。

 

デメリットは面倒臭いことだけですが、金額が金額だけにデメリットをはるかにこえるメリットがあります。

 

 

>産業用太陽光発電公式一括見積りサイト「タイナビNEXT」

 

【全国無料】全国1万社以上の利用実績。国内最大級の見積もり比較サイト「タイナビNEXT」

売電ビジネスは可能か?


 

 

更に、【安定した発電量の維持】も同じくらい大切です。
そのためにはメンテナンスが欠かせません。

 

特に【売電ビジネス】では、屋根上ではなく屋外に設置することも多くなります。
発電量の低下や故障のリスクも高まります。

 

発電量に影響する【リスクの一例】

  • 台風・突風等の自然災害
  • 雑草による陰の影響
  • 盗難

特に近年では自然災害が多く発生していますし、配線を狙った盗難事件も多発しています。

 

売電ビジネスでは、【不具合=発電呂の低下≒利益減少】が致命的になってしまいます。

 

費用はかかりますが、保守・点検はプロの目でしっかりと監視した方が最終的な利益は大きくなります。

 

保守・点検のプロフェッショナル【『全国対応』のはつでん管理人】

保守・点検ははつでん管理人がおすすめ

 

売電ビジネスの例

 

【売電ビジネス】と聞き、真っ先に思い浮かぶのは
広大な敷地一面に設置された大規模施設、いわゆる【メガソーラー】だと思います。

 

しかし、10kw以上であれば【全量買取】が可能なので、理屈上は【100u程度でも売電ビジネスは可能】となります。

 

実際は土地の形状や条件等、様々な視点から検討しなければなりませんが、【ある程度の広さ】があれば、売電ビジネスを始めることは可能です。

 

売電ビジネスが可能な例
  • 集合住宅の屋根
  • 工場や店舗の屋根
  • 駐車場
  • 資材置き場
  • 資産価値の低い空き地(市街化調整区域等)
  • 農地

 

【農地】は地目変更が必要!

上記の例のうち、【農地】だけは勝手に太陽光発電を設置することは出来ません。農地は【農地法】という法律で守られていて、農業以外に土地を活用することを禁じられています。

 

農地転用をせずに太陽光発電をして、パネルを撤去しなければならなくなった例もあります。必ず【農地転用手続き】を行い、地目を雑種地等に変更してから売電ビジネスを始めましょう。

 

新しい発電方法【ソーラーシェアリング】

ソーラーシェアリング

現在農地として活用していない土地であれば、【農地転用後売電ビジネス】となりますが、作物を育てている状態でも売電ビジネスを始めることが出来る、【ソーラーシェアリング】が注目されています。

 

ソーラーシェアリングとは、太陽光(ソーラー)を作物と発電で分け合う(シェアリング)する方法。作物を育てている上部の空間を利用し、太陽光パネルを設置します。

 

太陽光パネルの設置は、適度な間隔を開けたり、角度を持たせることで作物の生育に影響のないように配慮されています。【農業+売電】と、ダブル収入が可能となり、収入が安定することも大きなメリットです。

 

土地がなくても始められる【屋根貸し】事業

 

太陽光発電の「屋根貸し」

【土地がない】からと言って、諦めることもありません。太陽光発電では、【屋根貸し】という方法もあります。【屋根貸し】は、地方自治体でも多く活用されています。

 

屋根貸しの例
  • 地方自治体

    ⇒公共施設等の屋根を発電所業者に貸し出し、賃料を得る

  •  

  • 発電事業者

    ⇒太陽光発電を設置し、売電収入を得る。自治体に賃料を支払う。

 

地方自治体を例にしましたが、もちろん一般家屋や店舗等でも問題ありません。複数の家屋の屋根を借り、合計で10kw以上にすれば全量売電が可能です。

 

設置費用は当然発電事業者側ですが、【土地の取得】という大きな支出が抑えられますので、比較的メリットが出やすい方法です。

 

また、売電の固定価格が終了する20年後には、太陽光発電システムを無料(あるいは格安)で建物所有者に譲渡することが多いので、建物所有者は賃料以外にもメリットがあります。


 

【売電ビジネス】の注意点

 

売電でビジネスを考えた時、最も注意すべき点は【利益が出るかどうか】です。

 

家庭用太陽光発電では、【長期間安定して発電すること】が重要ですが、
ビジネスではプラス【収益性】が大切です。

 

極端な話ですが、固定価格の20年間で十分な利益が得られれば、21年目からは一切発電しなくても【成功】となります。

 

また、売電収入には税金も関係してきます。

 

20万円を超える売電収入は、『雑所得』として申告が必要になりますし、
太陽光発電システムは減価償却の対象資産として『固定資産税』が課税される可能性もあります。

 

いずれにしても、家庭用よりも専門的な知識も必要となりますし、充分な検討が重要です。

 

施工業者は、単に【業者とお客】の関係だけではなく、【ビジネス・パートナー】として信頼できる相手を選びましょう。

 

産業用太陽光発電公式一括見積りサイト「タイナビNEXT」は、実績も多く、様々な規模の【産業用】を扱っている業者が揃っています。

 

売電ビジネスを検討する際には、非常に心強いパートナーとなってくれるでしょう。

 

家庭用太陽光発電でのビジネスは難しい

 

太陽光発電設備の導入を検討している方で、たまに売電でビジネスが出来ると考えている方がいるようですが、通常の家庭に導入する規模の太陽光発電では売電で利益を得る考えは持たない方が良さそうです。

 

経産省は太陽光発電の再生可能エネルギーに関する電力買い取り制度を推進していますが、その買取制度には大きく分けて2つの制度があります。

 

1つ目はビジネスでの利益目的の為の全量買い取り制度

 

2つ目は家庭への普及の為の余剰電力買い取り制度

 

この2つの制度は大きな違いがあり、それぞれの目的に応じた制度を設けています。(運用方法も条件が異なっています)

 

全量買い取り制度の場合

全量買い取り制度の場合は太陽光発電の出力規模が10kw以上であり、且つ電力生産者は生産した電力を使用してはならない事になっています。
また、売電規約期間は20年となっています。

 

余剰電力買い取り制度の場合

余剰電力買い取り制度については出力10kw未満であり、生産した電力を使用出来、その余剰電力を買い取る、となっています。
売電契約期間は10年となっています。

 

メンテナンス・維持費問題

 

実際に個人で太陽光発電ビジネスをやろうと考えると、10kw規模の太陽光発電を購入する大きな金額負担が必要になりますし、電気料金も今まで同様支払いをしていかなければなりません。

 

またそれに対するメンテナンスや維持費も掛かりますから、個人にとっては非常に重い負担になるでしょう。最終的には個人の判断となりますが、現実的には難しいでしょう。

 

最大の問題はメンテナンス等の維持費用です。規模が大きくなればなる程、そのメンテナンスに掛かってくる費用も大きくなりますから、ある程度投資的な見地でビジネスをしないと資金的に続きません。

 

季節によっては梅雨等には収益が少ない月もあるでしょうから、余裕をもった計画を立案しておかないと、毎月の維持負担がたちまち重くのしかかると言う事になります。

 

家庭用太陽光発電はビジネスとしてはリスクが高い

 

売電ビジネスは可能か?

全量買い取り制度になると、契約期間は20年と定められていますから、20年間は問題なく太陽光発電設備が維持出来なくてはいけません。

 

また、20年後以降についても、ビジネスとして考えるのであれば、設備の維持を基本的には考えていかなければならないでしょうから、その後も金銭負担は掛かる訳です。それらを考えると膨大な金銭負担となる事は明白です。

 

以上の理由により、仮に通常の家庭用太陽光発電でのビジネスを検討しているのであれば、それは誤った認識である事がご理解頂けるでしょう。

 

それでも購入した設備の元手が回収出来るだけでも十分良い買い物であると思います。

 

売電ビジネスは可能か?

売電


スポンサードリンク