売電は税金がかかる?

MENU

売電は税金がかかる?

太陽光発電バナー

売電は課税対象になるのか!?

 
【20万円】が境目

実際に太陽光発電の売電に伴う収益は、税制上は副収入(雑所得)と見なされ課税の対象になります。
その納税は確定申告によるものとされています。

 

確定申告の取り決めでは副収入(雑所得)の総額が年間20万円を超える物については確定申告が義務になり、それ未満の場合は任意での申告となっています。

 

要するに年間の収益が20万円以下であれば、確定申告は任意であり、義務ではないという事です。

 

実質はかからないと考えてOK

 

太陽光発電の実際の収益はその規模にもよりますが、一般の家庭規模であればどれ位になるのでしょうか。

 

経産省の想定する標準家庭が太陽光発電を導入した際の収支予想によると、4kw規模の太陽光発電の余剰電力買い取り制度で見ると、
毎月の収益は使用する電力分を差し引き毎月12,000円強となっています。

 

仮に倍の8kw設置していても、【売電収入−必要経費=売電収益】となり、経費には導入費用が計上できますので、20万円を超すことはまずないでしょう。

 

これは通常の家庭に導入される太陽光発電であれば、まず確実に確定申告上の納税については義務にはならず、任意になるという事です。

つまり、納税したくない方は納税する必要が無いという事になります。

 

副収入がある方は注意!

税金の取り扱いに不安を持っていた方はこれで一安心された事と思います。但し、注意して頂きたいのは太陽光発電以外に副収入のある方はそれらの収益と太陽光発電設備が生み出す収益の総計が20万円を超える場合には義務になってくる恐れがあるという事です。

 

一般的には納税する必要はありませんが、副収入がある方は注意が必要です。

 

売電の確定申告は必要?

 

売電は売電メーターによって毎月の収支は明確になります。

 

夜間電力で買電する為に、実際の収益は目減りするのですが、実際の収支と見かけ上の収益は別なので、売電収益が全て利益と見なされます。

 

そしてその申告の方法は確定申告という事になります。

 

例えばサラリーマンで主たる収益が既にある場合、太陽光発電による収益は副収入(雑所得)と見なされます。要するに太陽光発電は副収入で、確定申告がその課税割り当てと分類される訳です。

 

では、その確定申告は実際どうなのでしょうか。太陽光発電の売電収益を確定申告の割り当て観点でいいますと、次のようになります。

 

毎月20万以上の収益で確定申告義務が発生する。

 

これはどういう事なのでしょうか。

 

納税は自己申告

基本的に、日本の税金の基本的なスタンスとしては義務ではない納税の場合は、自己申告によってその納税を行う、という事になっています。要するに個々の判断となるという事です。

 

一般家庭の平均と言われる4kw規模の太陽光発電を導入したとしますと、1月での収益は15000円に及びません。そうなると当然収益は20万円以下になります。

 

これは申告義務のない収益となり、確定申告の義務はないという事になります。後は個々の判断ですので、確定申告をされたい方はして下さいという事になります。

 

売電による年間の収益がが20万以上は納税義務が必須

当然ながら、太陽光発電を店舗で導入したり、事務所兼自宅で導入したが非常に規模が大きいという場合に、全量買い取り制度を選択している場合に年間の収益が20万円を超えている場合は納税義務がありますから、確定申告をする必要があります。

 

ただこれは非常にまれな例ですから、あまり検討する必要性はないでしょう。これらの税金については他の副収益が有る方や、色々なケースが考えられます。

 

前述した説明は太陽光発電だけに注視した説明ですので、個々に状況が異なるでしょう。ご不安や、疑問がある方はネットの太陽光発電設備の専門サイトに相談し、ご自身の現状を簡単に説明して頂き、導入した場合にどうなるのかをお聞きになられると良いと思います。

 

専門サイトでは大量の納入実績と色々な実例を持っていますので、皆さんのご質問に的確に答えてくれるでしょう。

 

(全国無料)太陽光発電の一括見積もりサイトで無料相談や個別面談ができます

 

売電は税金がかかる?

売電


スポンサードリンク