中部電力の売電と出力制御について

MENU

中部電力の売電と出力制御について

太陽光発電バナー

中部電力の売電について

 

中部電力管内の太陽光発電の、売電価格や出力制御等の状況を詳しく紹介します。

 

【2016年(平成28年)度】中部電力管内の売電価格

設置容量

売電価格(1kwあたり)

売電期間

10kw未満(余剰売電)

31円

10年間

10kw以上(全量売電)

24円+税

20年間

 

中部電力管内では、まだ太陽光発電の受け入れに多少の余裕があり、10kw未満の家庭用太陽光発電(余剰売電)は【出力制御の対象外】となっています。

 

【出力制御のための機器】を導入する必要が無いため、売電価格は【1kwあたり31円】となりました。(出力制御対象地域は【1kwあたり33円)】

 

また、全量買取は【1kwあたり24円+税】で、全国統一の売電価格となっています。

 

出力制御の区分け

〜10kw未満

(余剰売電)

10kw〜

50kw未満

50kw〜

500kw未満

500kw以上

 

出力制御対象外

 

出力制御対象外

2015年4月以降

の接続申込は

年間360時間以内

2015年1月26日以降の接続申込は

年間360時間以内

 

中部電力では、太陽光発電の受入容量にまだ余裕があり、50kw未満の低圧連係(10kw未満の余剰売電を含む)では【出力制御】は実施されません。

 

また、50kw以上の太陽光発電についても、【年間360時間以内】となっていて、【上限のない指定ルール】より明確となっています。

 

太陽光発電の受入状況

中部電力では、地域や規模にかかわらず、受け入れ可能容量を超過していません。

 

現在はまだ受け入れに余裕がありますが、【指定ルール】の地域から、中部電力管内に事業(メガソーラー等)計画を変更する発電事業者が増える可能性もあります。

 

太陽光発電の導入を検討している方は、早めに行動を起こしたほうが良いでしょう。

 

【再エネ賦課金】について

太陽光発電の売電の原資は国家予算の補助金ではなく、全ての電気利用者(=国民)から
【再生可能エネルギー発電促進賦課金】として徴収される事から成り立っているのです。

 

現在の促進賦課金は全国一律で1kw辺り0.75円となっています。

 

中部電力の売電と出力制御について

売電


スポンサードリンク